Adobe Script Runnerの設定と使い方: VSCodeの拡張機能でExtendScriptを使う

某

どーも!某 (@7254bou)です!

Adobeソフト(PhotoshopやInDesignなど)をプログラムで自動化する場合は、Adobe ExtendScriptを使うのが一般的ですが、その実行環境をVSCodeで用意する場合は、拡張機能であるAdobe Script Runnerが便利です。

今回はそのAdobe Script Runnerの設定と使い方について解説します。

Adobe Script Runnerの設定

VSCodeのインストール

Adobe Script Runnerを使うにはVisual Studio Code (VS Code) が必要なので下記リンクからインストールしてください。

Adobe Script Runnerのインストール

VS Codeの準備ができたら、拡張機能をインストールします。

VS Codeを開いて、左側のバーから拡張機能をクリックする
拡張機能をクリックする
「Adobe Script Runner」と入力し、インストールをクリックする
Adobe Script Runnerをインストール
注意ダイアログが出てくるので、「ワークスペースを信頼してインストール」をクリックする
ワークスペースを信頼してインストール
インストールが完了したら、設定(歯車アイコン)をクリックし「拡張機能の設定」を選択する。
「拡張機能の設定」を選択する
使用するAdobe製品の入力欄に、exeファイルが保存されている場所を記入する。
exeファイルのアドレスを入力する

デフォルトの設定だと、Adobe Creative Cloudで何も設定せずにインストールした場合の保存先になっているので、特に弄っていない人はそのままで大丈夫です。

ただし、Adobe製品のバージョン(年度)については異なる場合があるので確認しましょう。私はこの時の最新版(2022)が入っていたので、特に変更なしでした。

某

Adobe Script Runnerの設定は完了です!

Adobe Script Runnerの使い方

実際に使ってみましょう。

VS Codeを開いて、「ファイル」 >>「 新しいテキストファイル」をクリックする。
「新しいテキストファイル」をクリック
「Control + S」を押して、「practice.jsx」というファイル名で保存します。

※「.jsx」という拡張子でファイルが保存できれば、ファイル名についてはどんな名前でもOKです。

「practice.jsx」というファイル名で保存
「alert(“練習です”);」という文を入力し、「Control + S」で保存します。
練習用コードを作成

alert() 関数を書くと、()内に記入した文字列をAdobeソフトでエラー(警告)として出力します。JavaScriptをやっている方だったら、DOM操作で使うalert()と同じです。

「Control + Shift + P」を押すと、検索バーが出てくるので、Adobeソフトの名前を入力する。

今回私の場合はPhotoshopを使おうと思ったので「Adobe Photoshop」と入力し、出てきた結果を選択しました。

VS CodeからAdobeソフトを起動する
Adobeソフトが起動し、ポップアップの許可を出す。
practice.jsxを実行する

今後スクリプトをVS Codeから起動すると、上記警告ポップアップが毎回出ることになります。

非表示に設定したい場合は、下記のリンク通りにするとポップアップが表示されなくなります。

「ファイル”.jsx”に含まれるスクリプトを実行しようとしています…」警告を非表示にするPSUserConfig.txtを設定する
コードで記入した警告が出力される。
警告が出力

上記のような警告用のポップアップが出力されれば、動作確認は完了です!

某

これでVS CodeからスクリプトでAdobeソフトが呼び出せます!あとは好きなスクリプトを書くだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です